プロモーションの繁忙期を知ろう

ジャンルにもよりますが各プロモーションには、
繁忙期と閑散期と呼ばれるものがあります。

獲得が見込める時期を繁忙期と呼び、獲得が下がる時期を閑散期と呼びます。

繁忙期と閑散期を把握し、対応することでアフィリエイト報酬の安定が見込めます。

繁忙期と閑散期

季節に左右されるといえば
引越しジャンルが良い例です。


引越し業界の繁忙期は3月4月とされています。理由はとっても簡単!

この時期は、進学や就職、転勤などいわゆる「新生活」を始めるために引っ越すユーザーが増加します。
そのため引越しの申し込みが非常に多いため、引越し費用も普段の時期に比べ2倍程度になる場合も!
逆に、閑散期と言われる11月~1月・6月は申し込みが減少します。※全くなくなる訳ではない

そのようにアフィリエイトでもジャンルによって
成果が出やすい時期(繁忙期)と成果が出にくい時期(閑散期)が存在し、それらは異なります。

どんなに成果が見込めそうなサイトを作成しても、露出のタイミングが繁忙期とずれると成果につながらない場合があります。
ジャンルの繁忙期を見極めて、サイト作成や露出を行っていきましょう。

繁忙期を活かす

また可能であれば、1ジャンルのみでサイト作成するのではなく
常になんらかのジャンルが繁忙期になるように複数のジャンルのサイトを運営するのがオススメです。

ジャンルによって常に一定の需要があり、比較的安定しているジャンル短期間で大きな獲得が見込めるスポットジャンルもございます。

ジャンルの繁忙期を見極めてサイト作成を行っていきましょう。

ジャンルの繁忙期を知るには?

1.キーワードトレンドツールを使う

2.特集を行っているジャンルでサイトを作成する

3.afbのセミナーに参加する
※まだafbに登録されていない方はこちらから閲覧できます。

4.  アフィリエイト繁忙期カレンダーを使う
季節・月ごとの繁忙期を把握できます。デスクトップ画像として・印刷して等お好みに合わせてご活用ください♪
こちらからダウンロードできます(ダウンロードするにはafbへのログインが必要です)

また閑散期でも訴求内容をユーザーに合わせて工夫することで獲得が見込める場合もあります。
そのためにはジャンルの特徴やユーザー層を把握することがなによりも重要です。