レビュー記事のポイント

 

良いレビュー記事とは
記事を読むことでユーザーが「まるで自分が使ったかのような疑似体験ができる」記事です。

そういった記事を書くためにはいくつかのポイントがあります。

ポイントを押さえて記事を作成していきましょう。

 

「まるで自分が使ったかのような疑似体験ができる」記事を書くには?

 

1.商品・サービスを理解する

良いレビュー記事を書くには、面倒くさがらず
まずはしっかりと商品やサービスを知ることが大事!

例えレビュー記事であっても商品やサービスをよく理解せずに
適当な体験談や、サイトに書いてあることをそのままコピーしたような記事では、
深みがでずに薄っぺらい記事になってしまいます。

また誤った情報を書いてしまう可能性も高まり、そうなるとサイトの信頼感も下がってしまいます。

記事を書く前に、サイトや商品の説明パンフレットや説明書きなどをきちんと読んで商品・サービスを正しく理解しましょう。

 

2.ユーザー目線できちんと使う

 

正しいレビュー記事を書くために、商品の使用方法や使用期間などをしっかりと守ります。
2週間、朝・昼・夜使いましょうと説明書に書いてあったらきちんとその通り使いましょう。

正しく使った上ではじめてユーザーとして出てくる疑問などがきっとあるはず。
それらをコンテンツとして入れることでより深い記事になっていきます。

 

3.ユーザー視点で記事を書く

 

次に重要なのが、ユーザー視点で記事を書くことです。

アフィリエイトを行っていると
いつの間にかモノを売る側の立場になった書き方をしてしまう場合があります。

そうなってしまうとユーザーが「モノを買わされている!」と思い、離脱に繋がってしまいます。

しっかりとユーザーに寄り添ったユーザー目線で記事を書いていきましょう。

ユーザー視点とは?

 

4.写真を挿入する

 

「まるで自分が使ったかのような疑似体験ができる」記事を書くためには写真はとても重要です。


文字だけのサイトより、実際の商品の写真や体験している写真があると、
ユーザーにより具体的にイメージを伝えやすく
なります。

また写真やイラストなどを適度に記事に挿入することで
サイトを見やすくし、ユーザーの離脱率を下げる効果もあります。

レビューについてもっと詳しく!レビュー講座はこちら