クリックされやすい広告

 

アフィリエイトで報酬を得るためには
サイトに訪れたユーザーに広告をクリックしてもらい
その後にアフィリエイトの成果になる条件を満たしてもらわないといけません。

サイトにどんなにユーザーが訪れても
広告のクリックが0であればアフィリエイトの報酬には繋がりません。

今回は、クリックされやすい広告の掲載方法を紹介します!

 

サイトに掲載する広告の種類

 

サイトに掲載する広告には
バナー広告とテキスト広告があります。

バナー広告

 

バナー広告は、広告主が伝えたいサービスの一押しポイントがぎゅっとまとめられており
また、イメージキャラクターや商品画像など自分で用意できないような素材も組み込まれており、ユーザーへイメージが伝わりやすいのが特徴です。

 

テキスト広告

 

例:afb

テキスト広告は、記事の文章に自然に挿入することができ
ユーザーも違和感なくクリックしやすいため
バナー広告よりもクリックされやすい傾向があります。

 

サイトにあった広告を厳選して掲載する

 

アフィリエイト初心者の方が特に陥りやすい失敗としては
「ジャンルや商品を問わず、バナー広告を貼りまくる」というものです。

バナー広告は、広告感が強いため目に入る量が多いと
押し売りのようなイメージを受けて、せっかく訪れたユーザーが離脱してしまう場合があります。

そうならないためには、サイトの内容にあった広告を数枚厳選して掲載し
クリック数を比較し、掲載場所を変えたり、別の広告に差替えたりと工夫していきましょう。

 

また同じプロモーションで複数のデザインのバナー広告を用意している場合があります。

価格やPRポイントが強調されたバナーや
商品画像やイメージキャラクターを使ったバナーなど
掲載するサイトによって合う、合わないがあるので
それらも期間を決めて掲載し、効果をみながら改善していきましょう。

 

テキスト広告に関しても
全てのキーワードにリンクを貼るのではなく
記事の内容をよく読み、ユーザーの興味が最大限になりそうな箇所に配置したり
文章の最後にさりげなく配置するなど工夫しましょう。

 

バナー広告とテキスト広告の使い分けも大事です。
記事内はテキスト広告で、サイドバーはバナー広告など
自分のサイトにあった広告・配置を見つけましょう


◎配置後を行ったら、必ずスマホでも確認しましょう!

 

商品リンクを活用する

 

プロモーションにより「商品リンク」が可能なプロモーションがあります。

商品リンクとは、決まったリンク先ではなく
自分で決めたリンク先を設定することができる機能です。

成果対象商品が複数あるECサイトの場合は特に有効です。

この機能をうまく活用することで、
商品に興味をもったユーザーもすぐに商品にたどり着くことができ
成果アップが見込めます。

サイト作成に慣れてきたら
是非、挑戦してみてくださいね!

商品リンクに使用できる画像・文言については、
リンク作成画面の説明文に記載がありますので、よくご確認下さい。
プロモーションによっては使用してはいけない画像もありますので、ご注意下さい。

 

ライティングを見直す

ユーザーがなぜ広告をクリックするかというと
そのサービスに興味を持ったから、です。

サービスに興味を持ってもらうためには
ライティング能力が必要不可欠!

「この商品を使ってみましたが、とても良かったです」
だけでは誰も興味をもってくれません。

何かどのように良いのか、他のサービスと比べてどこが違うか等を
具体的に書いていきましょう。

自分読んでも分からない・・と思ったら
第三者に読んでもらうのもおすすめです!

人の目を引く魅力的な文章が書けるようになるだけで
成果アップは充分に見込めます。

afbではライティングセミナーも定期的に行っていますので
お気軽にご参加くださいませ。
セミナーの開催状況を見る